2017年05月25日

スピリチュアル道の選び方

どんな人生、または、どんなスピリチュアルな道(Spiritual Path)を選択するかは各自の自由意志に任されています。プラニックヒーリングはすべての人にお勧めできますが、その理由は?プラニックヒーリングの特長を述べてみます。

1. 大切にしていること:
プラニックヒーリングは5つの徳を育むことによって人格を磨くことを推奨しています。

1)愛にあふれる優しさと傷つけないこと
2)寛大さと盗まないこと
3)正直さと嘘をつかないこと
4)勤勉さと怠惰でないこと
5)節制と過度にならないこと

この5つの徳のなかでも「愛にあふれる優しさと傷つけないこと」をとくに重視しています。祈り、2つのハートを活性化させるツインハート瞑想、赦しのテクニック、内省と固い決意、愛の色のプラーナ、などを通して、人間としての温かさと優しさの徳を育みます。ハートチャクラをまず活性化させることは、大切であるばかりでなく、スピリチュアルな早道でもあります。

2.レベルの高さ:
物理学で「重力による位置エネルギーの法則」があります。スピリチュアルなレベルが高ければ高いほど、それを求める受容的な生徒たちには高いところからのエネルギーが勢いよく流れて行きます。どの山を登るかは自由ですが、ひとつの高い山に登るか、いくつかの低い山に登るか。スピリチュアル道のレベルの高さを自分でスキャンできます。スピリチュアル・コードが強く繋がるものを選びます。

3.ヒーリングを学ぶ意義:
プラニックヒーリングは癒しの技術を学ぶのみではありません。人間関係、お金、人格形成、魂との繋がり、人生の歩み方、つまり、スピリチュアルな道のゲートウエイ(入り口)です。ヒーリングを選ぶ意味は「癒すことは成すべき尊いこと」だから。癒しを入り口にして、人生を癒し、マネジメントし、自分自身、魂、神とつながりたい方、また、人を癒し、物事を癒し、社会貢献したい方にお勧めします。

4.ツールは何で予算は?:
プラニックヒーリングは一度学べば、道具は自分自身の「手」であり、自然界のエネルギーであるプラーナを薬として用いるので、「無料」でありコストがかかりません。お気に入りの道具や材料(クリスタル、レメディ、オイル、エッセンスなどのボトル、カードなど)を持ち合わせていないとき、あるいは、災害や人災で何も手に入らない状況下でも人や場を癒すことができます。

5.教えの源:
「マスターチョーコクスイ」プラニックヒーリング(R)はフィリピン人 Choa Kok Sui(蔡国瑞)が古代の智慧を再発見し、それを開発し、1987年に創始しました。スピリチュアルな道を選択する際に、教えの源流が明確になっていることは重要です。

6.教えの純粋性:
プラニックヒーリングでは「教えの純粋性を守る」ことが重視されています。これは、先の世代に末永く正確に伝わるには非常に大切なことです。マスターチョーコクスイの著作は、スピリチュアルな論文と言われており、この論文の著作権はフィリピン本社 Institute for Inner Studies が保持しています。これを事前に書かれた文書で許可を得ることなく翻訳して教える、一部を取り入れて自分流に派生させて伝授することは、一切固く禁じられています。そうした場合に起こりうる問題には、誰も責任が持てません。

万一これが行われれば著作権法に違反し、知的財産の盗用となります。正式にライセンスを得て公式に活動しているスクールを選んで下さい。不必要な負のカルマを避けるためにも、適切なものを見極めることは賢いことです。

7.インストラクターの義務と役割:
プラニックヒーリングのインストラクターは実名を名乗っています。公認インストラクターはフィリピン本社 Institute for Inner Studiesに登録されています。必要に応じて本社や上級講師の指導を受け、サポートを得ます。

公認インストラクターの資格は永久ではなく、自らの意志で更新しなかったり、違反したり、義務を果たさなかったりすると資格がなくなります。

インストラクターは「マスターチョーコクスイ」プラニックヒーリングの内容を正確に効果的に伝授するために、プラクティスを続け、本を繰り返し読んで研究し、トレーニングを受け、正確な内容を伝える義務があります。

プラニックヒーリングのインストラクターはマスターではなく「メッセンジャー」です。プラニックヒーリングを学んだ生徒で、メッセンジャーになりたい方には道が開かれています。

さて、どんなスピリチュアル道(Spiritual Path)を選びますか?

Image.jpg
写真:蕗谷虹児「はくちょうのおうじ」挿絵 1956年

*公認インストラクターのお問い合わせはこちら
グローバルプラニックヒーリング
http://www.globalpranichealing.com/contact-us/
MCKSプラニックヒーリング・ジャパン(スクール)
http://pranichealing-school.info/contact.html
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月18日

第10回プラニックヒーリング世界大会 in マニラ/フィリピン

1987年に創始したプラニックヒーリングは2017年で30周年を迎えました。その記念行事ともいえる 10th GLOBAL PRANIC HEALING CONVENTION が2017月5月12-13日にフィリピン・マニラのPhilippine Inter National Convention Center (PICC) で盛大に開催されました。大会に先立って、リトリート、ウエサクのイベントも行われました。4日間の日程は、以下の通りでした。

5月10日 リトリート
5月11日 ウエサク、祭りの夕べ(Gala Night)
5月12-13日 コンベンション

20170511_212607.jpg

リトリート:
Master Nona, Master Faith, Master Marilag 3名の女性マスターが登場、華やかな雰囲気で大会がスタートしました。会場には各大陸60ヶ国から1000人以上もの人々が集まり、翻訳ブースも設けられ、様々な言語が飛び交っていました。その中で「言語が異なってもプラニックヒーリングという同じ言葉を学んでいる」とMaster Nonaが話されました。

セッション1
Master Marilag 「祈りとは」
・なぜ祈るのか、どうやって祈るのか、様々な手のポジション

ツインハート瞑想(Meditation on Twin Hearts)

セッション2
Master Nona 「カルマの法則」
・ナマステの技術、人格形成、自分自身を癒すこと

セッション3
Master Faith 「プラニックヒーリング・エデュケーション」
・スピリチュアルな投資がいかに大切か、自分のためのお金と時間を作ることの重要性

主の祈りの瞑想(Lords Prayer's Meditation)

ウエサク:
エクササイズ
レクチャー
Master Danny ウエサクとは、3つの重要な満月について、
Master Stephen Co 仏教における四諦・八正道

ウエサク瞑想

P1110010.jpg

コンベンション1日目:
オープニング Christine Choachuy
エクササイズ

瞑想

Master Danny 聖フランシスの祈りの背後にあるパワー
Snam Rajagopal 音とスピリチュアリティ
Jason Calva プラニック鍼:新たな実践
Hengameh プラニック風水:事実とフィクション?
Jorge Fuentes San Borja Arrian病院でのプラニックヒーリングとWHOとの挑戦
Master Hermie MCKSによるプラニックヒーリングの純粋性
Neha Jain 職業としての利益の定着と生産的なプラニックヒーリング・センター
Monica Abad and Ana Paula Silva 生体電子工学診断を用いたプラニックヒーリングの有効性の発見

プラニックヒーリング円卓ディスカッション

18426661_10155262903979420_925284639_o.jpg

コンベンション2日目:
4人の医師によるプラニックヒーリング研究:過去、現在、未来
Daniel Pfeiffer エネルギッシュな中医学
Vivek Joshi プラニックヒーリングの経営
Mekhla Muttoo コミュニティ+コーポレイト:同じコインの表と裏

パネル・ディスカッション

Carlos Costa プラニッククリスタルヒーリングの進化
Master Hector プラニックヒーリングとエネルギー体の統合を成し遂げること
Master Stephen Co プラニックヒーリングで開放された力になる方法

P1110029.jpg

ハイライトビデオ
閉会



4日間の日程で、マスターの指導の下、多くのエクササイズとプラクティスによって、新鮮で清浄な大きなエネルギーをチャージできました。

また、世界中の国々で、プラニックヒーリングを真剣に学び、実践している仲間と再会そして新たに出会いました。

18452193_10154572187543499_1209968335_o.jpg

With D2.jpg

プレゼンターによる研究発表は、どれも実用的かつスピリチュアリティを兼ね備えた未来的なアイディアに溢れて素晴らしいものでした。

プラニックヒーリングは次の世代に受け継がれています。次の世紀まで長く正確に伝えるためにも、教えの純粋性を保つ必要があります。

台湾のプラニックヒーラーやアルハティックヨギが沢山参加されていました。台湾の生徒さん達は、礼儀正しく親切でボランティア精神に溢れています。台湾での普及は大成功しています。

18426654_1894285384120014_307400685_o.jpg

次回のコンベンションには沢山の日本の仲間と参加したいです。日本でも、この素晴らしいエネルギーが広く深く根を下ろし、広まりますように。So be it.

大きなエネルギーに浸され満たされ、とにかく幸せな4日間でした。ありがとうございます。Thank you Master.

20170511_213932.jpg

Pranic Healing - Institute for Inner Studies
10th Global Pranic Healing Convention Video Finale
第10回プラニックヒーリング世界大会 ファイナルビデオ
http://www.globalpranichealing.com/magazine/10th-gph-convention-finale-video/

posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月09日

ウエサク祭

5月の満月がもうすぐやってきます。5月(牡牛座)の満月は1年の中でも特別な日。この満月にはヒマラヤで祭りが行われるとされ、何世紀にもわたって「ウエサク祭」と呼ばれてきました。

この祭りには、高次の存在が参列し、仏陀が惑星地球に接触して関わりを強めるものと言われたり、キリストが仏陀と共に参列するとも言われたりしています。

また、東洋と西洋の神へのアプローチが実際には一致していることを示すことも目的の一つだとも信じられています。そして、世界のあちこちで宗教や宗派に関係なく共に集って瞑想を行う人々がいます。

プラニックヒーリング発祥のフィリピンでも第30周年のプラニックヒーリング・コンベンション、ウエサク瞑想、リトリートの一連のイベントが5月10‐13日にマニラで行われます。

月と木星2.jpg

今夜も月がよく見えます。近くに見えるのは木星。たくさんのエネルギーを頂ける特別な満月の5月11日に瞑想を行ってみませんか?ピークは6時42分です。
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想会