2017年08月19日

帯状疱疹のヒーリング

お盆休暇の週が終わろうとしています。休暇に富山の実家に帰省しました。これはプラニックヒーリングを学んで実践している70代の母の話です。母は70歳を過ぎてからプラニックヒーリングを学び、今も勉強しています。

ある夜のことです。母は寝ているときに、以前「帯状疱疹」にかかった時に経験したことのある、チクチクした痛みを、背骨の左側の首の下付近に感じ、起き上がってすぐに自己ヒーリングを行いました。翌朝「ヒーリングしたら痛みがなくなったよ。」と嬉しそうに話していました。

その日のうちに母のヒーリングをサポートする形で、全身のヒーリング(ジェネラル・スイーピング)と痛い部位のヒーリング(ローカライズド・ヒーリング)を簡単に行いました。それで、痛みはなくなっている状態だと母は言っていました。

その日は暑い日になりました。汗をかいたあと、帯状疱疹が発現しようとしているときの独特の初期の痛みを再度感じ始めたので、医師にかかると母は言いました。お盆の間だったので救急外来を探し、明日の担当医となっている〇〇皮膚科にかかるつもりとのことでした。

帯状疱疹に掛かったことのある本人から、その痛みがどんなものであるか聞き、この病気は初期の対応がとても大切だということも知り、医師にかかることに賛成しました。

いっぽうで、実家の本棚に「家庭の医学」のように置いてあるプラニックヒーリングの教科書を探したところ、目次にはなかったものの、索引で「帯状疱疹」の病名を見つけました。ページを開いてみると、インドネシアの医師の症例が紹介されていたので、その通りに母に再度ヒーリングを試みることにしました。

前回と同じく全身及び痛む部位と、関係するチャクラを徹底的にクレンズ(浄化)し、沈静化するように念入りにエナジャイズしました。

海.jpg

結果、このヒーリングはとてもよく作用しました。次の日も、その次の日も、痛みは全然出なくなってしまい、結局、母は皮膚科の救急外来にかかることはありませんでした。全部で3回のヒーリングですっかり良くなってしまったのです。

もし今後また痛みが出ることがあれば、まず応急的なヒーリングを自分で行えるように、教科書を開いて同じ手順で自己ヒーリングするように伝えています。

海図.jpg

この手順を用いて長い間帯状疱疹を患っていた重病の患者に施術を行い、治癒に導いた医師は次のように述べています。「プラニックヒーリングは、私の皮膚病学の治療を補うものになっています。そして、とても役に立っています。」
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例

2017年08月15日

8月15日は創設者の日

プラニックヒーリングを創始したマスターチョーコクスイ(蔡國瑞師)は、自伝的著作『プラニックヒーリングとアルハティックヨガの起源』の中で自身について語っています。

フィリピンで靴の工場を経営していた両親の元に1952年8月15日に生まれた師は、10代で書物を読みあさり、大学では化学工学を学びました。工学や理学のセンスを持った師は、プラーナ(氣)というものをエネルギーとして科学的に理にかなったものとして説明しました。また、病的なエネルギーという概念を見つけ、その処理の方法について教えました。

20170511_033844.jpg

大学院では、ビジネス経営を学びました。師の名言を集めて編集したThe Golden Lotus Sutras‐Achieve the Impossible『不可能を成就する』の中には、繁栄の科学とスピリチュアルなマネジメントに関する数多くの示唆が与えられています。

マニラで工学や経営を学びながらプラニックヒーリングを作り上げ、アルハティックヨガを創始した師は、2007年3月19日に身体をはなれるまでに20年間、世界中の数多くの国々で数多くのクライアントの病を癒し、ヒーリング技術とヨガを教え、数多くのヒーラーとヨギを育てました。

GMCKS Bussiness Smile.jpg

そして、6大陸60ヶ国以上の生徒に個人的に指導しながら、25冊の本を書き上げ、それらは30ヶ国語以上の言語にて翻訳出版されました。そして、90ヶ国以上の100を超えるプラニックヒーリング・ センターの設立を見届けました。慈善目的の組織MCKSチャリタブル・ファンデーションは、あらゆる国々の給仕プログラム、貧しい患者のための医療援助基 金、世界中の災害救援に寄与しています。

MCKSチャリタブル・ファンデーション
http://www.pranichealing.com/mcks-charitable-foundation

師は、その道の達人という尊敬の念を込めて、グランドマスター(偉大な師という意味)と親しみを込めて呼ばれています。グランドマスターチョーコクスイのビジョンは「一家に一人のプラニックヒーラー」を育てることでした。

今日8月15日はチョーコクスイ大師の生誕の日であるとともに、プラニックヒーリングとアルハティックヨガの設立者の日として講義と瞑想が行われる予定です。8月は毎日瞑想も呼びかけてられていますが、15日は折り返し地点でもあります。8月15日設立者の日の瞑想を行いましょう。
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マスター

2017年08月12日

ヒーリングクラスの感想

2017年5月27⁻28日のプラニックヒーリングレベル1新潟クラスの嬉しいご感想を頂きました。

心が軽くなれた二日間でした。日頃のストレスから解放され、とても有意義なひとときを過ごすことができました。プラーナを感じることが少しでもできたので嬉しかったです。これからももっと学び、家族のためにヒーリングを行っていきたいです。ありがとうござました。

2日間、大変お世話になりました。 思いきって参加して本当に良かったなと思いました。楽しく内容の濃い2日間でした! 瀧澤さんにもですが、プラーナの世界にもどんどん引き込まれていきそうな予感です。これからももっと上手に出来るように頑張っていきたいと思いますので、ご指導宜しくお願い致します。写真、素敵に撮れてましたね!ありがとうございます。

思ったよりも簡単でいろいろ実践できそうで良かったです。いろんな場合のフォローも丁寧に説明してくださり安心してできそうです。何の道具も使わずにできるのが嬉しく素晴らしいと思いました!“ シンプル イズ ベスト!! ”最後の、ヒーラーとして人としてのあり方の部分のお話もとても良かったです。これからも自分らしく生きようと思いました。

先生、とても楽しく学ぶことができ、感謝しております。家に帰っても@「実践」&A「継続」していこうと思っております。クラスの方々全員に愛のエネルギーを送り続けますね。本当にありがとうございました。

2.jpg

やっとレベル1を終えることができました!!私にとって今回は「自分をヒーリングする」という大きな課題がクリアできるやり方を教えてもらえ、本当によかったです。今まで悩みスルーできなかったことから、次に行けるように、明日から実践していきます。また寄せて下さい。

1回目の受講では分からなかったことがよく分かり、理解が深まり、とても勉強になりました。クラスの受講者の方がとてもよくて、本当に楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。

二日間、本当にありがとうございました! 再受講ということで参加させていただけて、本当に勉強になり、また理解も深めることができました。参加者の方も今回も素敵な方が多くて、素晴らしい輪が広がっていくのを体験できて本当に幸せですし、プラニックヒーリングの素晴らしさを改めて実感しています。またしっかり復習をして、今後はツインハート瞑想をしっかりやっていきたいと思っています。 今後もどうぞよろしくお願いいたします。

新潟クラスに参加された皆さん、レベル1卒業おめでとうございます。本当のスタートはこれからですね。日々の実践と練習こそ上達の秘訣です。ヒーリングでますますエネルギー美人になった皆さまと、またお会いできることを楽しみにしています!!
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ / セミナー