2018年05月01日

子育てに関わる方々と

ゴールデンウイーク前半に新潟でのクラス開催しました。2日間とも気持ちのよい晴天に恵まれ、窓の外にはキラキラ光る空気プラーナ (空気活力小球)がたくさん見えました。

今回、子育てに関わる人たちとの貴重な2日間を過ごすことができました。おのずと自分の子育てを顧みる機会となりました。子供が成人した今は、楽しい20年間だったなぁ。もっと余裕をもって育てていればよかったなぁ、などど思いましたが、その時その時一生懸命だったと思います。

InkedIMG_0965_LI2.jpg

今年度4月よりお子さんを保育園に預けられ、仕事に復帰された若いお母さんは、ヒーリング(氣療法)を上手く使っておられました。風邪をもらってきたこともあったけれど、そんな時は早めにヒーリングを行うとお子さんがすぐに元気になるので、休まず園に通えていて助かっているとのことでした。

私の子供も2歳くらいまでは特に体調を崩しやすく、夜中でも熱が上がると不安で救急外来によく駆け込んだものです。ヒーリングを勉強してからは、とりあえず応急的にできることがあったので慌てずに済むようになりました。風邪や腹痛のプロトコルを見るためにヒーリングの教科書を取り出して、その通りに行うと、翌日はほとんど良くなっていました。私にとってプラニックヒーリングは「母親の安心薬」のようなものだったし、実際に子供にも風邪や腹痛などの一般的な症状にとても効果的に作用しました。

医師からの助言も数多く頂いて、学校に上がるまではとくに看護師さんや保育士さんにとても親身に関わってもらいました。学校に上がってから学校の先生には大変お世話になった12年間でした。行政の担当の方々にもその時々で適切な助言を頂きました。ほんとうに多くの支援があっての子育てだったと、今回クラスの中で思い出していました。

今回参加して下さった保育・教育の先生方や子育てに関わる方々との素晴らしい時間に心から感謝します。育児や保育、教育の専門知識と経験プラス今度はヒーリングも使って子供たちやそのご家族のために、ますます奉仕していただけることと思います。

1年でもっともパワーのある5月の満月の瞑想を行い、各方面に祈りを送りました。ありがとうございました。

IMG_0986.jpg








posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記