2017年11月12日

レベル2上級クラス開催しました

11月4-5日、東京にてプラニックヒーリングレベル2(上級)クラスを開催しました。このクラスは、今年最大のイベントとなり、北から南まで日本全国から、医療や教育、福祉の専門家、芸術家、ビジネスマン等、あらゆる職種の受講生が集まりました。講師陣はアメリカから台湾経由で日本に教えに来てくださったU.S.プラニックヒーリングセンターより派遣のオークボ・ケイ先生(Kei Okubo)と瀧澤加奈江(Kanae Takizawa)。ヒーリング担当は認定プラニックヒーラーのマークさん(Mark Sadv) さんでした。生徒さん達の出身は世界各地という国際的なクラスになりました。

P1110833.jpg

ケイ先生の上級クラスは昨年2016年の新潟開催に引き続き2回目。東京を含む関東圏、全国からのアクセスの関係で東京開催のニーズに応える形になりました。東京という都会のエネルギーは地方のそれとは異なり、大都市特有のものがあります。人口密度が高いことによる物理的混雑だけでなく、ストレスのエネルギーもあります。先生は、初日のスケジュールを少し変更され、東京で受講された参加者の方々の心身の状態に合わせた細やかな配慮をされつつ講座を進められました。

P1110837.jpg

レベル2上級クラスは色のプラーナの適用法です。虹の七色のプラーナの効用とその用い方や留意点について教えられました。中国気功では弟子は15年かかって師匠から1つの色のみを伝授されたと聞きます。マスターチョーコクスイが創り上げたプラニックヒーリング上級コースでは、2日間で七色の色のプラーナを癒しに役立てる方法を学ぶことができます。

赤、橙、黄、緑、青、紫、そして、エレクトリック紫。すべての色に深い意味と効用が隠されています。色の引き出し方、微妙な色合いの作り方、2色の組み合わせなどがあります。「百聞は一見に如かず」− 時間とお金というエネルギーをかけて参加して下さった受講生の皆様に、上級プラニックヒーリング−色のプラーナを使う最も進化したエネルギーシステム(Advanced Pranic Healing - THE MOST ADVANCE ENERGY SYSTEM USING COLOR PRANAS)を十分に学んでもらうことができたと確信しています。

image1.jpg

ケイ先生は20年以上のマッサージセラピーの指導経験からセラピストがクライアントの病気や不調を取り込んでしまう手根管症候群等の対処法についてエネルギー的な衛生面から解説して下さり、医療・福祉の仕事で患者さんに多く触れる機会のある受講生達は自身の健康管理に役立てるべく熱心に学んでいました。

また、先生はレイキマスターでもあることから、レイキとの共通点や違いも多く触れて下さり、時代を超えて伝わった共通の流れを汲む価値ある2つの療法に対する理解もより深まりました。食べ物の色のプラーナやアロマテラピーに用いる精油に含まれる色のプラーナが、食品や精油の化学的な作用と一致していることも興味深く学ぶことができました。

P1110867.jpg

瞑想の後には、チベットより伝わるパワフルな呼吸法のエクササイズも行いました。物理的な身体である肉体とエネルギーの身体であるエーテル体の両方をクレンジング&エナジャイズによって癒しのエネルギーを充電することができたことと思います。

P1110766.jpg

大きな癒しのエネルギーに浸された1週間が終わり、受講生さんたちがカラー(色)を使った上級ヒーリングでの癒しを家庭や職場で使って多くの人々を癒してくれることを心から願っています。Thank you Master Co, Kei, Mark, Maki, all students & friends. Wishing you and everyone many continued Blessings from God, GMCKS and All the Higher Beings.

ありがとうございました。

posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181548507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック