2017年12月24日

クリスマスに- 主の祈り

クリスマスをいかがお過ごしでしょうか?日本の人たちはお正月には神社に初詣に出かけ、家には仏壇があり、盆や彼岸には墓参りをし、クリスマスには家族や友人たちと祝うというのが一般的かもしれません。子供たちはサンタクロースからの贈り物を楽しみにしていますプレゼント

クリスマスはイエス・キリストの降誕を祝う祭りとされていますが、マスターチョーコクスイは、宗教に分かれない普遍的な教えを「内なる教え」として、様々な著書に著しました。その一つが「主の祈りについての普遍的かつカバラ的チャクラ瞑想法」です。この本の中でマスターチョーは、聖書にも書かれているイエス・キリストが弟子たちに伝えたとされる「主の祈り」を用いた瞑想法を教えています。

『主の祈り』
天におられるわたしたちの父よ。
御名が崇められますように。
御国が来ますように。
御心が行われますように。
天におけるように地の上にも。
わたしたちに必要な糧を今日与えてください。
わたしたちの負い目を赦してください。
わたしたちも自分に負い目のある人を赦しましたように。
わたしたちを誘惑に遭わせず、
悪いものから救ってください。
<マタイによる福音書6章9節 新約聖書 日本聖書協会より>

Bible&MCKS Book&CD.jpg

『マスターチョーコクスイ 主の祈りについての普遍的かつカバラ的チャクラ瞑想法』

パート1 準備
1章 一般的な概念と原理
2章 身体の浄化と内なる浄化

パート2 主の祈りについての瞑想法
3章 主の祈りについての普遍的瞑想
4章 主の祈りについてのカバラ的瞑想

Tha Lord's Prayer.jpg

この瞑想はとてもパワーのある瞑想法です。ですから、身体の運動を行い、準備を整えてから行います。プラニックヒーリングの上級の高次のコース「スピリチュアル エッセンス オブ マン-人間の霊的本質」でこの瞑想を学ぶことができます。CDを用いて行うと手軽に行うことができます。

こちらの和装の女性と赤ん坊は何を象徴しているでしょう?日本風ではありますが、実は聖母マリアとイエス・キリスト。よく見ると日本女性として描かれているマリア様は、ちゃんと青い着物を着ています。

Mary&Jesus.jpg

12月25日から東方の三博士が星に導かれてイエス・キリストのもとに訪れお祝いしたとされる1月6日までの12日間は聖なる12夜と呼ばれ、これから始まる1年間が映し出されているといいます。2018年を意識しながら、今日からの12日間を意識的に過ごしてみませんか?
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181930891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック