2018年04月17日

家族関係の癒し

ここ数年間、介護をされていた生徒さんがいらっしゃいました。介護に入る前からヒーリングを学ばれていたのですが、義理のお父さんにあたる方になかなかヒーリングしてあげることができないとおっしゃっていました。

年が明けて春を迎えるころ、その生徒さんがレベル1(基礎)クラスの再受講にいらっしゃいました。一日目の日程を終えた後、どなたかにヒーリングを行ってきてくださいとお願いしたところ、お義父さまにヒーリングされたそうです。そして、翌日の朝、

「義父にヒーリングを行ったら翌朝いつもの介助なく1人で動けていて驚いた」

とおっしゃっていました。ベッドから座椅子に移動する際に介助が必要だったとのことで、通常の身体の状態から考えると、一人で移動できたことは驚くべきことだったようです。そして、2日間の講座が終わり、修了時に感想を下さいました。

「ヒーリングすることによって義父の優しさに気付くことができました。義父に良い人生だったと言ってもらえるように、私もヒーリングで癒していくことができたらと思います。(2日間の講座の)昨日と今日とても良い時間を過ごすことができました。ありがとうございました。」


IMG_0838.jpg


それからちょうど1ヶ月が経ってメールをいただきました。お義父さまはしばらくして入院され、その後旅立たれたそうです。

「10日間の入院中、それまでの もろもろのわだかまりが一切無くなり、義父とかけがえのない尊い時間を過ごす事ができました。」

お亡くなりになった日は、ちょうど東京クラスの初日でした。瞑想のとき、雲間から金色に輝く太陽がハート形の光を放射したようにも見えた素晴らしい日にお義父さまは旅立たれたのかと思いました。


P1110991.jpg


東京から新潟にも向けて送った祈りが届いていたらいいなと思います。

ヒーリングは身体だけではなく感情面、心理面など、深い所に浸透していきます。お嫁さんの心からの気持ちのこもったヒーリングを受けられたお義父さまの魂は、最善のタイミングで安らかに旅立たれたことと思います。

ヒーリングやツインハート瞑想は、深く広い意味での癒しや和解、つまり人間関係も癒してくれるといいます。どのような癒しがもたらされるかは私たちの想像を超えています。経験的にも祈りや心を込めて行うヒーリングは、いつも最善をもたらしてくれると感じています。


IMG_0847.jpg


貴重なご感想をシェアしていただき、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。



posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182968987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック