2018年04月20日

心臓の手術前後のヒーリング

高齢の方が心臓の手術を受けられるということで、その娘さんより依頼があり、プラニックヒーリングでサポートすることになりました。そして、娘さんの友人のプラニックヒーラーと一緒にチームでヒーリングを行いました。

最初に、クライアントの心臓の状態、どんな手術を受けられるのかを事前に娘さんによく聞き取りをして、上級の教科書の中から適切なプロトコルを選択しました。娘さんは医療関係者でもあったので、医師から聞き取った情報をもとに、医学的に詳しく説明してくださいました。心臓には多くの疾患があり、プロトコルも沢山あるので、その中からクライアントの症例に合ったものを選ぶことが大切になります。

同時に、マスターチョーコクスイの上級プラニックヒーリング『プラニックヒーリングの手術への適用』というプロトコルに沿って、手術の5日前から体全体や心臓を強化したり、エネルギー的な底上げをしたりするようなヒーリングを行いました。

心臓のヒーリングに関して、心臓は身体の臓器の中でも繊細な部位なので、心臓を直接エナジャイズすることはできません。ある特定のチャクラを通して慎重にエネルギーを入れるという過程が大切になります。

心臓は心筋と呼ばれる筋肉でできているので、筋肉を増強する特定のチャクラも浄化し、きれいなエネルギーで満たします。

また、クライアントが子供だったり高齢だったりする場合には、注意点があります。今回もそこのところに十分配慮しながら行いました。

Heart with arms & legs.jpg

その結果、手術室に向かう時点で大変良いお身体の状態で手術に臨まれ、予定されていたという時間より短い時間で手術を終えられて戻られたとの連絡がありました。

手術後のヒーリングも大切です。術後は全身が灰色がかるので、定期的な全身のヒーリングが重要です。1日おき、その後体調を見ながら、週2〜3回の定期的なヒーリングを行っています。

そして、手術から1週間後の退院が決まったとの連絡を頂きました。心臓の手術が医療的に適切に行われたことはもちろんですが、クライアントの自然治癒力が高かったことが何より早期回復の一番の要因だと思われます。身体を治すのは本来ご自身なのですから。ご家族である娘さんの見守りや励ましも大きかったでしょう。

適切な医療や看護、家族の見守りや励ましがあった上で、プラニックヒーリングでさらなるサポートができるとしたら、それはとても嬉しいことです。

退院されてから以前より楽に日常生活を送られ、これからの人生をますます楽しまれることをお祈りしつつ、手術の成功と退院おめでとうございます。

posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183032215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック