2018年07月03日

10月4-5日プラニック・サイコセラピー開催します

魂にご挨拶。アトマ・ナマステ。

7月以降のイベント更新しました。
http://pranichealing-school.info/event.html

嬉しいお知らせがあります。大望の新しいクラスの日本(新潟)開催が決まりました。その名は「プラニック・サイコセラピー(心理療法)」

魂のレベルで深く癒される「氣」を用いる感情的・心理的ヒーリングです。フィリピン発の深い癒しの手法をアメリカのKei Okubo先生経由で日本に再上陸。

サイコセラピーFB画像.jpg

多くの現代病を抱えるストレスの多い社会、高齢化とともに誰もが心身ともに健康に長寿を全うすることが課題の今の日本に必要なヒーリングです。

多くの病気は精神的・感情的な問題が原因になっている場合が多いので、これを先に行ってから肉体の問題に取り掛かることによって、より早く確実に癒すことが期待できるのです。

実際にこのプラニック・サイコセラピーの効果を深く感じておられる方が沢山いらっしゃいます。

報告があったいくつかの症例:
幼少期からの長年のトラウマを持っていた方
暴力的な体験の心の傷
手を洗いたがる潔癖症の子供
家族や子供、愛する人との死別の悲しみ
広島の原爆を体験された方
その他

そして、何よりこのコースを学ぶあなた自身が2日間のクラスの中で深く深く癒されることでしょう。

このクラスは10月6-7日に開催するレベル2「上級プラニックヒーリング」に先立って行いますが、レベル1(基礎)のみ事前に受講していれば、レベル2を受けていなくてもレベル3を受講できます。


プラニック・サイコセラピー募集要項

プラニック・サイコセラピーは、感情的また精神的なアンバランスを癒し緩和するプラニックヒーリングの応用技術です。否定的な感情やトラウマ体験は、実はオーラの内部や不安定なエネルギーセンターの中に留まっている否定的な想念形体や感情的なエネルギーが原因になっています。これらのエネルギーを取り除くには、伝統的な心理療法では、改善のために数ヵ月あるいは数年要するほど難しいものですが、プラニック・サイコセラピーでは、これらのエネルギーのパターンを解き放つので、感情的・精神的な深い癒しが期待できます。


内 容:2日間で学ぶ内容の一部
・精神的、感情的な面における各チャクラの機能について
・緊張、いら立ち、深い悲しみ、不安な時に行う自己ヒーリングの方法
・チャクラの内部の保護膜の傷や裂け目を修復して侵入に備える
・幼少期に刷り込まれた成功を阻む負のプログラムの浄化
・いら立ち、不安障害、悪運や破産の要因とさえなり得るサイキック攻撃の影響に対するヒーリング
・自身のチャクラ、オーラ、財産を保護するシールディング技術
・対人関係における否定的な影響(妬み、しっと、怒りなど)の除去
・強迫行動、恐怖症、中毒(喫煙、アルコール、ドラッグ、食べ物、砂糖)、認知症、うつのヒーリング

日 時:2018年10月4 ‐5日(木‐金)2日間 両日9:30〜18:30
場 所:新潟市内
講 師:
認定上級講師
U.S.プラニックヒーリングセンター
ケイ・オークボ(Kei Okubo)
http://pranichealing-school.info/school.html#INSTRUCTOR

受講料:
7月31日まで一括お振込み 新規80,000円 再受講40,000円(ともにキャンセル料4,000円)
8月1日以降または奨学生払い 新規90,000円 再受講45,000円(ともにキャンセル料4,500円)
受講条件:プラニックヒーリングレベル1(基礎)を修了していること
お申込み:
http://pranichealing-school.info/emf/formR.html

サイコセラピークラス参加の条件となるレベル1クラス情報:

□ レベル1  7月15日(日)-16日(月) 東京都
□ レベル1  8月11日(土)-12日(日) 新潟市
□ レベル1  9月 1 日(土)- 2日(日) 新発田市
□ レベル1  9月15日(土)-16日(日) 東京都

詳細情報:
http://pranichealing-school.info/event.html
連絡先:
http://pranichealing-school.info/contact.html

皆様が魂の癒しとともにありますように。

posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ / セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183712062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック