2017年07月20日

東京クラスの感想紹介

東京クラスの生徒さん達から頂いた感想を紹介します。

メール

素晴らしい方々とのご縁で繋がった素敵な2日間でした。皆さま、ありがとうございましたリボン

プラーナ(氣)による癒しのプラニックヒーリングは、たくさんのエッセンスを含んだヒーリングです。オーラやチャクラをたくさん学びました。

4階に位置するお部屋は樹木の高さと同じで緑と空と蝶と鳥と生命に満ちた場所でとても気持ち良く過ごしました。樹木や大気のプラーナがキラキラキラキラたくさん見えましたきらきらきらきらきらきら

プラニックヒーリングを受けたのは、色の光を使い分けると言うなんともシンプルな理由。私のホロスコープのサビアンシンボルに魚座29度 プリズム があります。このサビアンシンボルを持つ人は手から七色の光を放つと聞いた事があり、これだ❣️とビビビいなずま️ときたのです。一瞬で魅かれました目がハート

そして、ツインハート瞑想光るハート地球と自己の癒しハート(トランプ)️とても心地良く祝福と愛で満たされました。帰ってからハッと気がついたのですが、朝にハートのローズクォーツを何気に手にとっていたのです光るハート

色の光虹を使い分けるのはレベル2です。11月開催のレベル2が今からとても楽しみです。

Kanae Takizawa先生、そしてご一緒させて頂いた皆様、素敵な2日間をありがとうございましたリボンやっぱり私はヒーリングが大好きですハート(トランプ)
(Hさん)

メール

加奈江 先生

こんにちは。2日間のレベル1の講習会ありがとうございました。先生の柔らかな雰囲気と熱意に触れ、穏やかに、楽しく学べ、あっという間に終了してしまった印象です。感謝いたします。

靈氣や秘教治療のベースがありましたので、難解な部分は無く理解が進み、もっともっと学んで実践していきたいと思います。また、シンプルな施術の方法なので繰り返していき、からだで覚えることが大切に思えます。

ツインハート瞑想では、講座中2回ともクラウンチャクラからの返答は涙でした。今朝もしましたが、やはり涙がこぼれます。 涙が出ますが、とても優しく、穏やかで、光に包まれたような感覚になりました。懐かしいものに抱かれたようにも感じます。 瞑想中もその後もふわふわとした幸せな感覚はしばらく続きながら、心の視界が開け、冷静な自分がいます。同時に地球に対して癒しのエネルギーを送れることにも感動しました。

加奈江先生、今回ご縁をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
(Yさん)

メール

二日間お疲れさまでした。とてもいい勉強になりました。まだまだ始めたばかりで色々努力をしなければと思っているところです。実際皆様とやってみるのが一番わかりやすかったです。特にスキャニングに関してはびっくりしました。

今回のクラスは皆様と距離感がグーンと縮まるのが早く、内容もそうでしょうけれど、皆様が世の中でポジチブ、また向上心の強い方と共に出来た事を宝に思えて仕方がありません。

瀧澤先生にお会いできて、プラニックを教えていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。 今後とも是非宜しくお願い致します。
(Cさん)

メール

Dear Kanae sensei
Arma Namaste Thank you so much for giving us lots of energy combine with everyone’s. It was a great class. I went with a bad cough and fever. I came back dancing and well.
My back is still stiff but I can work. I just feel that was is better bad has to come out.

It was wonderful, the other students emailed us. We started the PH course, shy but we finished with new friends.

We think you were a great teacher. Japanese-English was perfect.
(J san)

メール

加奈江先生

2日間の東京でのプラニックヒーリングレベル1講座本当におつかれさまでした(*^^*) ボランティアさせていただき、 ありがとうございました!!

今回の会に参加で本当よかったです!! 色々やらせていただいて感謝のメールにも改めて感謝します。

場所やお花、美味しいおまんじゅう、ありがとうございます また次回楽しみにしています。宜しくお願いいたします。
(Sさん)

メール

16.17日の2日間、東京でプラニックヒーリングレベル1の講座を受けて来ました〜。内容はかなり濃くて、巷に在るいろんなヒーリング技術の集大成みたいな感じ。あらゆる技術がテンこ盛りの様な〜。11月のレベル2も受講しますよ!これ極めれば他のヒーリング必要ないかも。
(Mさん)

メール

ご感想、ありがとうございました。サポート頂いたすべての皆様に感謝申し上げます。
たきざわ かなえ
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プラーナのちから

2017年05月03日

新発田での初めての復習会

4月29日新発田で復習&体験会を行いました。新発田の生徒さんのおかげで、昨年の12月から新発田市での体験会、3月4‐5日には待望のワークショップ開催できました。そして4月29日は最初の復習会となりました。

20170429_100639.jpg

午前中は、城下町新発田ならではの情緒あふれる日本庭園「清水園」、旧新発田藩「足軽長屋」、資料館などを見学しました。ちょうどお茶会が開かれており、和服姿の方々がたくさん、書院や茶室に出入りされていました。

20170429_100649.jpg

新緑の庭に足を踏み入れると、よい空気‐空気プラーナが辺りを包んでいます。古い松の木からはよい気‐樹木のプラーナが流れ、苔むした庭土を踏むと足から気‐大地のプラーナが入って、足から身体にかけて気が流れ楽になっていくのが感じられます。

20170429_101031.jpg

体験会には、ヨガの実践をされている方が来てくださり、体験とヒーリングを受けられました。地球を癒すツインハート瞑想にも参加してくださいました。ありがとうございます。

ヨガと瞑想を行う方は多いですが、プラニックヒーリングはそれにヒーリングが加わります。ヒーリング&エクササイズ&瞑想の三位一体によってオーラやチャクラから瞑想の前に不要なエネルギーを排出させます。ヒーリングや瞑想のときに不要なエネルギーを時にしびれとして感じ、それが足から出て行くのを実感される方もいます。

20170429_100753.jpg

ツインハート瞑想やアルハティックヨガの瞑想はとてもパワーがあるので、先生の指示通りに行うならば、素早い浄化が起こります。それは大変目覚ましいものです。

20170429_170000.jpg

復習と瞑想を終えてから再び外に出て、五十公野公園を少し歩きました。そろそろ新潟では終盤になっている桜が見られ皆さん喜んで下さいました。小雨の中に太陽が現れたとき「虹が出ないかな」と言うと、ます潟の向こうにうっすらと虹!!期待通りに姿を見せてくれました!

20170429_165021.jpg

帰り道にはきれいな夕日も輝いて、素晴らしい1日が終わりました。参加して下さったみなさんと、サポートを頂いた存在や先生方そして新発田の美しい自然に感謝です。

20170429_175212 (2).jpg

ありがとうございます。ナマステ
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | プラーナのちから

2017年03月20日

プラーナという観点から見た栄養

今日は、春分の日。外に出ると新潟の気候はまだ寒いものの、陽の光がかなり力強くなりつつあるのを感じます。太陽プラーナ(Solar Prana) の力がこの日を境に高まっていきます。そして、この日を待っていたかのように、沢山の生命のうごめきを庭の樹木や地面から感じます。樹木のプラーナ(Tree Prana) と大地プラーナ(Ground Prana) の力です。地面から、ゆっくりと目線を空に向けると、見える見えるたくさんの空気プラーナ(Air Prana )。活力小球とも呼ばれる細かい光の粒 Prana(氣)。このプラーナが実はとても大切なものなのです。

日常に使えるプラーナのちから 1
〜プラーナという観点から見た栄養〜


 美味しく栄養のある食事には、実際にはプラーナが沢山含まれています。プラーナとは生命力や生命エネルギーという意味のサンスクリット(語)で、日本や中国で言う"気"、ハワイでは"マナ"と呼ばれるものです。氣と書く場合には、内側に米という字を含んでいます。これは気が米粒のように小さいものという意味を表していますが、同時に、プラーナとは米(食べ物)つまり栄養であり、私たちが食事をする本当の意味は、実は食べ物の中のプラーナを摂取することにあります。
 身体の健康のために、どう食と向き合ったらよいか、プラーナという観点から見た5つのポイントについて述べてみます。

1.物質的にもエーテル的(エネルギー的)にもきれいな食べ物を食べる
きれいな食べ物とは、汚れ、菌、化学的毒素が殆ど含まれておらず、食べ物自体のエネルギーが美しく輝いているものを言います。野菜や果物に含まれているエネルギーは、一般的にきれいで、保存食に比べると新鮮な食べ物には、はるかに多くの生命力が含まれています。沢山のプラーナのエネルギー、つまり生命力を含んだ新鮮な野菜や果物は、病気にかかっている人の回復を助けます。

2.食事を作る人は、健康に留意しながら、喜びをもって調理する
食べ物は、できるだけ健康な人によって、幸せな気持ちで調理されると、食べ物に良いエネルギーを移すことができ、美味しく仕上がります。

3.調理しすぎないようにする
調理し過ぎた食べ物は、その化学的な栄養素のいくつかが壊されるだけでなく、長く温めることによってそのプラーナの多くが放出されてしまいます。適度な調理が重要で、できれば生で食べる方がよい場合もあるでしょう。

4.病気や病後など食欲がわかないときは、無理に食べずに食事を控えめにする
食べ過ぎると、身体が治癒するために必要なプラーナが消化のために消費されてしまいます。身体はその状態によってプラーナの使い道を使い分けるので、身体の声に従うことが大切です。

5.食べ物に宿るプラーナすなわち生命力に感謝していただく
これらの留意点は、一般的に言われてきたことですが、エネルギー的な観点から見ても、理にかなっていることなのです。

参考文献:Master Choa Kok Sui著 Advanced Pranic Healing

ムックマム・挿絵.jpg

転載元:ムックマム
URL:http://mukkumamu.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プラーナのちから