2017年09月23日

秋の新発田クラス開催しました

台風一過。気持ちの良い秋晴れの日が続いています。9月16⁻17日新発田クラスの日は台風通過の真っ只中でしたが、自然豊かな新発田市の会場で、いつも通りに日程をすすめることができ、プラーナの観察を屋外で行うことが出来ました。

P1110618.jpg

こちらでは、これまでに瞑想会を行ってきたこともあり、エネルギー(気)が高くなってクラス開催しやすい場となっています。

P1110608.jpg

子供たちやしょうがいのある人たちに関わる福祉や教育の現場で活躍する方々と、中身の濃い2日間を過ごすことができました。頂いたご感想を紹介します。

Exercise.jpg

「今まで自分で本を読んだりして、興味深く思っていたことを全部バラバラだったものを、つなげて学ぶことができました。楽しかったです。1人で学ぶのではなく、何人かの人と一緒に学ぶことで、さらに理解できたり、感じたりすることができたように思います。こういう場が、自分の近くにあったことが、本当にありがたいと思いました。少しずつ学び続けて、自分を成長させていけたらいいな。それが、人の喜び、自分の喜びにつながっていけたらいいな、と思います。2日間本当にありがとうございました。感謝です!」

ありがとうございました。嬉しいです。お友達が見せてくれたというプラニックヒーリングのチラシを見てピンときたということで連絡を下さって、すぐに受講を決められました。人を癒したいという意志を持って真摯に学んで下さって、ありがとうございました。

P1110634.jpg

「瀧澤先生のお人柄があらわれた、素晴らしい講座でした。奥深く、1歩ずつですが学びを進めて行きます。今後ともよろしくお願いいたします。」

山歩きでご一緒して、たまたま登山道で怪我をして出血していた人のヒーリングをした時に、その様子を見かけられたことで帰り道でお話をして、受講を決めて下さいました。ヒーリング&スピリチュアル暦30年、遥かに経験豊富で人として教えてもらうことも多い人生の先輩です。この度は、大変ありがとうございました。

P1110594.jpg

「参加者の皆さん、素直で前向きで素敵な方たちでしたね。加奈江さんの大きなプラーナに包まれて、のびのびと過ごせたのだと思います。(私も!)」

新発田クラスを主催していただき、ありがとうございました。復習会や瞑想会など一つ一つ確実に仕事をして下さったおかげで、生徒さんがたくさん新発田に集まって下さいました。今年新発田市で2回クラスを開催できたことも大きな収穫でした。本当に心から感謝申し上げます。

P1110570.jpg

新潟県北部にあたるこの城下町で、これからも継続的にクラスを開催していきたいです。新発田市ありがとう。ご参加の皆さん、ありがとう。そして聖なる存在とマスターたち、エンジェルたち、すべての偉大な者たちに。大いなる癒しのエネルギーに心から感謝します。

KT.jpg

感謝と愛をこめて。
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月06日

人生の先輩を見習いたい

今日は満月です。今日新潟は少し雨が降っていますが、月曜日は満月に近い月がよく見えました。数年前にプラニックヒーリングを学ばれた70代の生徒さんがしばらく入院生活を送られた後に、自宅療養されていたのですが、過ごし易くなったので瞑想会にお誘いしたところ、喜んで参加して下さいました。

P1110506.jpg

もともと“気”に興味があって、合気道を習われたり、健康体操を長らく教えられたりなど、気の事を深く理解し、瞑想も行われていました。この度少し体調を崩されて入院されたとはいえ、数ヶ月ぶりにお会いしても、そうは思えないほどお元気なように見えました。

瞑想の前に先立って、病気として現れているお体の部位と、関連するチャクラのクレンジング(浄化)を行いました。しばらくヒーリングをすると、すぐに気が通り、お顔色が若々しいピンク色になり、白っぽかった掌にも気が通り血行が良くなってきたのがわかりました。ご本人も体が温かくなってきたのがわかり、とても気持ちが良いとおっしゃっていました。

長く外出が出来なかったそうで、思いがあふれていたのでしょう、お話がとまらずヒーリング中もずっとしゃべっておられました。そのお話もとても楽しかったのですが…少しお寂しかったようなので、感情&精神のヒーリングで心のケアもさせてもらいました。

繰り返し同じ思いにとらわれる時に、不要な想念を“切り離して無くす”自己ヒーリングの技も思い出してもらい、参加者の皆さんと一緒に行いました。そして、心身ともにすっきりした状態で帰宅されました。

習慣的に身体を動かして運動を行うことが肉体のメンテナンスになるのと同様に、気の通り道を良くするヒーリングや瞑想はエネルギー体のメンテナンスになります。そして、両方行っておくのが健康のためにとても有益なのです。

P1110470.jpg

このようなことを理解し、ずっと実践して来られた方は、70代になっても若々しくて美しく、少し不調になられても、速く回復できるというお手本を見せてもらっています。健康で若々しい人生の先輩を見習いたい!!
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例

2017年09月04日

蒔いたものを刈り取る

当初よりベランダ越しに植えてあったアイビーの虫害の管理に手間がかかるということで、昨年伐採されました。せっかく土があるので、今年は朝顔と風船蔓(フウセンカズラ)の種を蒔きました。

20170506_154840.jpg

種蒔きをしたのは6月。こんなにひ弱で虫に食われていた朝顔でしたが、梅雨に入る頃からどこまでもツルを伸ばし、風船蔓は巻きひげを伸ばし始めました。

20170707_090812.jpg

時期が来ると、あっという間に成長し、ベランダを越えてどこまで行ってしまいそうな勢いに。そこで、棒を立ててネットを張り、さらに上にスペースを作りました。すると、あちこち行き場所を探していたツルが方向を見出し、まっすく上に向かって伸びていくではありませんか!!

先が見える、目標が示されるというのはスゴイことなのだと植物が教えてくれます。青や紫の朝顔の花に混じってフウセンカズラの小さなかわいい白い花も次々咲いて、時々蜂を呼んでいました。

20170707_090901.jpg

ついに朝顔&フウセンカズラの緑のカーテンできました。家の中から見ると、ベランダの向こうに巨大な緑のカーテンがあるみたい。戸を開けっ放してグリーンのカーテン越しから運ばれる緑色の風が心地いい夏秋でした。

P1110148.jpg

「蒔いたものを刈り取る。」

これは世界中の聖典に共通して見られる、意味の深い言葉です。自分が与えたものを自分で受け取ることを意味しています。カルマの法則とも原因結果の法則とも言われ、個人だけでなく、家族や会社というようなグループ、国家というような集団に対しても当てはまります。

「農夫が種を蒔けば、種の種類に応じて収穫を得るように、良い行為と悪い行為も同様である。」

いつ、どんな種類の種を、どのくらい蒔いたでしょうか?それは意識していても、していなくても、いつか実となって現れるのでしょう。何か訪れたときには、客観的に観察してみたいものです。よい実がたくさん採れる豊かな秋となりますように。

P1110468.jpg
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記