2018年04月12日

プラニック呼吸と血圧の関係

先日、高血圧と顔面マヒのある方のヒーリングを行いました。プラーナを使ったヒーリングを行う時に、受容的なクライアントにはより大きな癒しが起こることがあります。まず最初にクライアントの全身にプラーナを送ってみたところ、マヒしている側の頬がピリピリすると言われたので、ヒーリングがうまくいくかもしれないと思いました。

血圧が高いとのことだったので、手持ちの血圧測定器で血圧を測ってもらったところ150台ありました。次に、「プラニック呼吸」を数分間行ってもらいました。その後、再び血圧を測ってもらったところ130台になっていました。

「プラニック呼吸」を続けてもらいながら、次は顔面マヒに対してヒーリングを行いました。これはかなり念入りに行いました。クライアントははクリスチャンでもあったので、ヒーリングの間、祈りを唱えてもらいました。祈りはとても効果的なのですが、祈りに限らず、治癒を視覚化したり、言葉で表現するアファメーション等でもよいのです。つまりクライアントに合った受容力を高める方法を工夫をすることもヒーラーの重要な仕事の一つです。

プロトコルに沿った施術のあとに感想を聞いたところ、マヒしていた顔面のこわばりが無くなり、柔らかく感じられ相当に良くなったとのことでした。見た目だけでは、顔面マヒがあることはわからなくなっていました。

ヒーリングの施術後に、もう一度血圧を測定してもらったところ、110台まで下がっていました。オーラもきれいになられて表情も明るくなりました。最初の1回目のヒーリングで、ここまで大きな結果が出るとはご本人も思っておられなかったようです。

その後、定期的にプラニックヒーリングのセッションを受けられ、症状はさらに軽快しているとのことです。

今回のヒーリングで、「プラニック呼吸」が血圧を下げるということが分かりました。いくつかのポイントを押さえた「プラニック呼吸」によって気持ちが平穏に保たれ、身体の不調も気にならなくなるほど体全体が軽く感じられる方がとても多くいらっしゃいます。

IMG_0848.jpg

マスターチョーコクスイは様々なヨガを研究し、目的に合わせた呼吸法を私たちに伝えてくれました。「プラニック呼吸」はその一つであり、日本では、プラニックヒーリングのレベル1クラスと紹介・体験講座、サークル活動でその方法を教えています。

プラニックヒーリングレベル1クラス
東京
5月12-13日 レベル1 & 12日(18:00〜20:00 体験会)
7月15-16日 レベル1 & 15日(18:00〜20:00 体験会) New!!
9月15-16日 レベル1 & 15日(18:00〜20:00 体験会)
11月17-18日 レベル1 & 17日(18:00〜20:00 体験会)

京都
6月9-10日 レベル1

新潟
随時開催中
http://pranichealing-school.info/event.html
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例

2018年04月09日

レイキヒーラーさんよりご感想

レイキを最初に学ばれて、最近プラニックヒーリングを学ばれた生徒さんから専門的なご感想を頂きました。

stockfoto_86442794_XS.jpg

講習会以降、自己ヒーリングを楽しみながら行っています。やはり、体がどんどん軽くなっていく感じが 一番はっきりしたプラニックヒーリングの効果として感じられます。

レイキは先生も仰っていましたが、クレンジングのプロセスを持たないため、 確かにエネルギーは充填されるのですが、施術後の感じとしては、腫れぼったいような感覚ですっきり軽くなった、という印象にはならないように思います。また、施術については定型の12ポジション以外の対応は、完全にヒーラーの経験にゆだねられてしまうため、皆さんレイキを使いこなせず、私も含めて、行き詰まってしまう方が多いのではないかと思います。

レイキとの比較になってしまいますが、プラニックヒーリングを学んでみると、レイキのアチューンメント、シンボルやマントラは何だったんだろう、これらはなくても、より効果的なヒーリングができてしまうことに、少し拍子抜けではありますが、改めてマスターチョウコクスイのメソッドの凄さを実感することができました。

昨日、いつもマッサージのモニターをお願いしている方に初プラニックの施術をさせてもらいました。トレーナーをされている方で、いつもはオイルをし、最後にレイキをかけるというのがこれまでのメニューでした。

初めに、筋骨格系のレシピでプラニックをさせていただきましたが、肩の引っ掛かりが取れた(肩から腕にかけてストレッチされるような感覚)、ふくらはぎからエネルギーがアキレス腱へ抜けていった、というような感覚があり、何よりも体が軽くなった、ということで、気に入ってもらえたようで、今後もこの施術を入れてほしいというリクエストを頂きました。

そのあとのマッサージでは、明らかに筋肉がすでに緩んでいて、より深い層へのアプローチができたように思います。

さらにその後のレイキですが、これは自分でもびっくりしましたが、これまでよりもレイキのパワーがアップしたような感じと、受け手のより深い部分にレイキが入って行っているような感覚がありました。受け手のモニターさんは、最後にはゆるゆる・トロトロになっていました!

というわけで、プラニックの興味と信頼がさらに高まった感じです。

機会がありましたら、レイキヒーラーの皆さんは、プラニックとレイキをどのように活用されているのかも伺ってみたい気がします。

最後に、プロトコルについてのご質問ですが、高齢者に良いプロトコルや、認知症予防・対応のプロトコル、また、ほくろやイボに対するプロトコルがありましたらお教えいただけますと幸いです。

やはりプラニックは宿題などの対応も含め、習得のための体系が明確で、取り組みやすいというのも大きなメリットと思います。

stockfoto_70096_S.jpg

プロの施術家として、専門的な考察と具体的な実践例を紹介して頂いてありがとうございました!ますますのご活用とご活躍を期待しています。

レイキとプラニックヒーリングは源流が同じで、それぞれの良さがあると思います。伝わった時代も異なることから、時代のニーズに応じたものを異なる先生が伝えたのです。今後も、初心者を含む一般の人から、専門家であるレイキを始めとした様々なヒーラーやセラピストまで、みなさんがますますパワフルで効果的な癒しを提供できるよう全力で応援します。

プラニックヒーリング ワークショップ情報はこちら↓
http://pranichealing-school.info/event_ws.html#0609


posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 症例

2018年04月08日

ケイ先生のレベル2(上級)プラニックヒーリング10月開催

米国カリフォルニア、台湾、日本、中国で数多くの生徒たちに上級プラニックヒーリングを教えているオークボ ケイ先生来日の三度目の講座を新潟開催します。

日 時:2018年10月6 ‐7日(土‐日)2日間 9:30〜18:30
場 所:新潟市内
内 容:2日間で学ぶ内容の一部
・赤・橙・黄・緑・青・紫・エレクトリック紫・金など色のプラーナを用いてさらに速く効果的にヒーリングを行う方法
・カラープラーナの比率、組合せ、色合い等意図した色のプラーナを作る方法
・オーラのバランスを読み取り、効果的に修復する上級のスキャニング技術
・色のプラーナを用いる浄化、そして、色のプラーナ(気)を流す上級の技術
・全身/オーラの浄化、体の部位/臓器および11の主要チャクラといくつかのマイナーチャクラの浄化
・チャクラのバランスを改善させるため、活性化させたり抑制したりする技術
・痛みを和らげ、身体を強化し、活力を底上げする上級の技術
・重篤な症状や複雑な症状に対処し、身体の本来の自然治癒力を高める専門技術
・ケガのヒーリング、細胞の再生、内臓浄化、血液浄化、免疫系を高める技術
・病気の細胞や臓器の意識に作用することによって、治癒と回復を助ける方法
・家庭や仕事場などの環境浄化法
・食べ物や飲み物に含まれる色のプラーナについてと食べ物や飲み物の浄化法
・精神的なストレスの解消法
・瞑想、祈り、言葉を通して治癒を速める方法
・体をエナジャイズし再充電するための浄化法、呼吸法、運動法

ケイ先生はマッサージセラピーの先生でもあり、レイキマスターでもあり、アロマの先生でもあります。病院勤務時代に医師との連携の中で代替療法を実践されてきた経験から、教える内容がすべてそれらと繋がっており統合的で腑に落ちます。マッサージセラピーの先生なので手技の指導も秩序立って理解し易いように教えてくださいます。

13720650_1142912135765384_1668544247_o.jpg
2016年7月来日 新潟にて

また、日系三世のケイ先生のお祖母様は、静岡の禅寺で座禅を指導されていました。ケイ先生は、そんなお祖母様の影響もあって、日本の禅に共通する穏やかな平和の境地に至る瞑想法も日本の和の心に適合させつつ伝授されます。

23432191_543526325986655_1977655554_o.jpg
2017年来日 東京にて

オークボ ケイ先生のプロフィール:

MCKSプラニックヒーリング認定上級講師
USプラニックヒーリングセンター講師
 
オークボ・ケイ
Kei Okubo

ロサンゼルス在住
マッサージセラピスト

上級の認定講師オークボ・ケイは、マスタースティーヴン・コーの生徒であり、グランドマスターチョーコクスイから2001〜2007年までの間、インド、マレーシアそしてアメリカで教わりました。ケイはMCKSプラニックヒーリングを精力的にカリフォルニア、ネバダ、ニューメキシコ、台湾、日本、中国で教えています。彼女は、アメリカのリバーサイド学区のメンタルヘルス部門でカウンセラー、教師、看護師にスーパーブレイン・ヨガを教え、カリフォルニア・バプティスト大学における定例児童会議でも、認定ヘルスケア専門職やその組織に"自閉症の人のためのスーパーブレイン・ヨガを教えています。

彼女は、フォンタナにあるカイザー・パーマナンテ病院において行われた医師、看護師、職業相談員、作業療法等のヘルスケア専門職向けの"あなたの手は自身を癒す"(原題Your Hands Can Heal You)ワークショップにおいて、エリック・ロビンス医師を支援してきました。また、同じくマスターコーの著書に基づくワークショップを、レッドランド統合療法グループ、南カリフォルニア大学付属看護学校、カリフォルニア大学フルトン校、在フォンタナ退役軍人資料センター等で教えています。

ケイは、マッサージセラピーを24年間教えながら、MCKSプラニックヒーリングの上級クラスを数多く開催しています。
posted by MCKSプラニックヒーリング・ジャパン at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワークショップ / セミナー